クリニック紹介

ご挨拶

『家庭医療を通じて、人々が安心して生活し自己実現できる地域社会をつくりたい』

院長 松田

「将来どんな医療をしたいのか?どんな科を専門とした医師になりたいか?」医学部の学生の多くが悩む内容です。私も大学時代同じように悩みました。学生当初は臓器別の専門医を目指していこうと考えていましたが、臓器の専門に深く入っていけばいくほど「〇〇科ではない」と逆にふるい落ちてしまう方々がいること、また病気や障害があるがゆえに将来をあきらめている方々がいるいう現場を目の当たりにしました。そのため人が幸せになるにはどうしたらよいのか、私はどんな医療を目指すべきなのか大いに悩みました。
そんな時、日本は当初一般的に認知されていなかった「家庭医療/総合診療」というものに出会いました。どんな問題でも対応し、そして単に医学的な対応をするだけでなく患者さんの背景を考慮しながら家族を含めたケアをおこない、最後まで責任をもって関わり合っていく。さらには医師一人ではなく診療所全体がチームとなって地域住民に関わり、地域の予防活動・健康活動を推進していく。

私はそんな「家庭医・総合診療医」となるべく家庭医療・総合診療の専門トレーニングを受けました。そしてその後、家庭医療専門医・指導医となり地域の医療・地域づくりに長年携わりながら、自らも家庭医・総合診療医を増やすために後輩育成を行ってきました。
啓明家庭医療クリニックでは「家庭医療を通じて、人々が安心して生活し自己実現できる地域社会をつくる」ことをビジョンとして掲げています。今までの経験を生かし、個々の生き方や考え方を尊重し、心や体の病気のケアに努めていきながら、住民の皆さまが病気を抱えていても夢や生きがいを持って楽しく安心して暮らせるための地域に根差した医療・地域づくりを推進していきたいと思っています。

院長 松田 諭

私たちが目指すもの

私たちが目指すもの

家庭医療を通じて、人々が安心して
生活し自己実現できる地域社会を作る

啓明家庭医療クリニックが目指す姿

  • 診療所チームで家庭医療を提供する
  • 診療所チームで「人を大切にする」診療所となる
  • 診療所チームで個人や地域の学び・成長に貢献する

スタッフ一人ひとりが持つ姿勢

家庭医療マインドをもって行動する
・私達は、患者・家族の尊厳を大切にしながらケアに関わります
・私達は、個人をとりまく背景に思いをはせて関わります
チームワークを大切にする
・私達は、笑顔とお互い様の精神を大切にします
・私達は、すべての人に対し礼儀正しく、感謝を大切にします
・私達は、新しい意見やチャレンジを大切にします
プロとして学び続け、プロとして行動する
・私達は、自らを振り返り、自ら考えて行動します
・私達は、他者の学びや地域に関わることで、自ら学び続けます
・私達は、コスト意識をもって行動します
仕事と生活の調和を図り最善のパフォーマンスを保つ
・私達は、仕事と生活の調和を図り最善のパフォーマンスを保つよう努めます

家庭診療・総合診療とは

家庭医・総合診療医とは「長く身近にいて、全てに関わる」医師

「家庭医療・総合診療」と聞くと、みなさんはどんなイメージがわくでしょうか?
実は「家庭医療・総合診療」は、海外では1970年代から臓器別の専門科と同じように存在する「専門科」です。しかし日本では臓器別の専門志向が強く今まであまり多く広まっていませんでした。そのため昨今の医療情勢を踏まえ日本でも過去の専門医制度が見直されることとなりました。そして2018年4月、今までの臓器別専門科の統廃合に加え、「総合診療科」が新しい専門科として正式に決定されました。


「家庭医・総合診療医」は、今までの臓器別専門医のように臓器に特化した診療をするのではなく、小さな子どもからお年寄りまで、その地域に住んでいる人がよくおこす健康問題(生活習慣病や認知症、かぜやけがなど)を診療科にとらわれずすべてに対応します。そして単に診療を行うのみならず、健康問題を取り巻く背景や個人の価値観を尊重し、臓器別専門医と連携をとりながら関わっていきます。まさに家族みんながまずは気軽に相談できる"かかりつけ"となる役割をもち、一言でいうと「長く身近にいて、全てに関わる」医師と言えます。
「どの専門科を受診していいのかわからない」「たくさんの病気をもっているけど、体や心をトータルでみてほしい」などの場合には、何でもお気軽にご相談下さい。

活動実績

準備中

^